20代薬剤師が転職を成功させるために初めに考えるべきこと3つ!と注意すべき紹介会社の特徴を知ろう!

薬剤師の星谷です。

この職場でずっと働くのかな・・この働き方がしたかったのかな・・あの会社に入った友達はキラキラしているのに、わたしの気持ちはモヤモヤ・・薬剤師って転職すぐできるって聞いたし、20代だし、まだまだ働く先いっぱいあるでしょ!よし転職しちゃお!

その転職ちょっと待った!!!

そのモヤモヤをはっきりさせておかないと転職をしても同じことを繰り返してしまいますよ!

今回は、転職を考えた時に初めに考えておくべきこと、そして紹介会社を利用する時に注意すべき点をお伝えしていきます。

理想と現実のミスマッチが大きいほど転職したくなる・・転職を考えるきっかけの事例から知っておくべきこと

自分がイメージした働き方ではなかった。考えていたより大変だった。・・自分が考ええていたことと現実のミスマッチが大きくなるほど「辞めたい」「転職したい」と考えるようになってしまいます。

ミスマッチ例①人間関係が合わない

社会人なりたての場合、業務を覚えるのに精いっぱいなところに、人間関係のストレスが加わると転職への気持ちが大きくなるでしょう。

採用人事の人は優しかったのに、現場社員の人はイメージが違う・・新卒で職場見学等しなかった場合、このような事も起こり得るでしょう。

ミスマッチ例②最初に提示されていた条件と違う

住宅手当、残業代・・入社時に約束されていた条件と違う。そうなると一気に会社への信頼関係が崩れます。

今後、もっとひどい条件になったら・・不安になりますよね。

ミスマッチ例③今の職場ではキャリアアップができない!?

配属先の店舗が単科だった、教育システムが思っていたより詰め込み型で実践的ではない・・他社に就業した友人と差がついている気がする・・学んでいくことの多い20代の薬剤師さんにとっては勉強できる環境も重要ですよね。

 

①②はまずは上司に相談してみましょう。話し合いで解決できることもあります。

そこで解決できない場合は、より良い働き方にむかって転職を考えていきましょう

③のキャリアアップを転職理由とする方が20代では多いのですが、その勉強できないという環境の何が原因なのか考える必要があります。

“患者さんとのコミュニケーション力をつけたい”という方が、総合診療科の門前薬局なら勉強になるでしょ!と転職すると、コミュニケーションより早さが求められ、思った環境と違う!と成りかねません。

 

転職したい!と思ったとき、転職を成功させるために初めに考えるべきこと3つ!

現在の職場で悩みがあった場合、解決方法は“転職”だけではありません。

友人等から他企業の話を聞いて、表面上の情報だけで隣の芝が青く見えてしまっているだけの場合もあります。

また、きつい辛いと勢いだけで転職を決意してしまうのも注意です!

悩みや叶えたいことをきちんと明確にしておかないと、無駄に転職回数が増えてしまうだけです。本当に転職が最善の策か?以下の3つについてじっくり考えましょう。

①悩みは何か?明確にする!

何となく合わない、友人から聞いた話だと私の職場環境は良くないのではないか・・それだけを理由に転職を考えることは危険です。

まずは、何が悩みと感じているのか考えてみましょう。

②その悩みは転職でしか解決できないのか?を考える

複数店舗ある薬局の場合ですが、もし通勤距離が思ったより辛い・・そういう理由ならば異動ということで解消できることもあります。

まずは身近な信頼できる方に相談してみることも良いでしょう。

また、この時こそ紹介会社の出番です。退職前に相談をすることで、転職するという事だけでなく、現職に留まるという選択肢が広がります。

もし自分で解決できず、身近な人にも相談しにくい場合は紹介会社を上手に利用しましょう。

③転職して叶えたいものは何か?を明確にする!

転職して新しい環境になったとき、現職場では当たり前だったこと、気に入っていた事が一緒とは限りません。初めての転職では比較するものがないので、何が一般的か判断しにくいので気を付けてください。

悩みを解決することではなく、転職で何をしたいのか、どんな薬剤師としてやっていきたいのか叶えたいことも明確にしていきましょう。

こんなことがやりたい!こんなことを目指している!という前向きな転職理由は良い評価が得られます。

 

紹介会社を利用するとき注意すべき特徴を知ろう

こんな紹介会社・キャリアアドバイザーには注意しましょう!

①転職したい理由をあまり聞いてこない

希望条件だけあえば転職成功と考えているキャリアアドバイザーは、転職したい理由、現状の悩みをあまり聞いてきません。

転職せずに現状の悩みを解決できる方法もあります。また本当にその希望条件で良いのでしょうか?悩みを相談することで見えてなかった本当の転職理由が見えてくる場合もあります。

まず、あなたが抱えている悩み、不満をきちんと聞いてくるアドバイザーと関係を築きましょう。

転職ばかり勧めてくる場合は要注意です。

 

②求人の良いところばかり伝えてくる

その求人のデメリットはなんですか?この質問に対し“ないです”と言い切る紹介会社には注意です。

メリットとデメリットは表裏一体です。例えば給与は高い、でもその分忙しい。人員はたくさんいるけど、土曜日は一人薬剤師等。

デメリットも隠さず伝えてくれる紹介会社を選びましょう。

 

転職成功のためのチェックポイント3つ

  • 転職したい本当の理由は何か明確にしよう!
  • その転職はキャリアアップにつながるのか、目指すものを明確に!将来を見据えた転職にしよう。
  • 紹介会社を上手に利用!信頼できるキャリアアドバイザーを見つけましょう。

ポジティブな転職理由は高評価にもなりますし、新しい職場でのモチベーションにもなります。また薬剤師という資格を活かしどんな人生を送りたいでしょうか、じっくり考える時間が重要です。その時、頼れる転職アドバイザーからの話も参考になるでしょう。

転職しようか悩んでいる、職場でこんなトラブルになった等々、そんな時はぜひお気軽にご相談ください!
弊社LINEでもご相談できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です