【20代薬剤師】薬剤師の仕事がつまらない!と感じる原因3つとその解決法を薬剤師が解説します!

薬剤師の泉水です。

初めは新鮮だった薬剤師の業務・・気づけば毎日同じことの繰り返し?なんだか毎日がつまらない!薬剤師として仕事をはじめ慣れてくる2-3年目頃にそんなことを感じる方が多いのではないでしょうか。

ちなみに私は薬剤師として働き始めたころは残業が多く・・仕事に慣れてもいないのに、“私なんかいつも薬局にいるなー”と少しうんざりしていた時期もありました(笑)その時、私の解決方法は、同期とごはんに行って話しをして、自分の足りないところに気づかされたこと。まだまだやらなくてはいけない事あるじゃん、仕事がんばろうと気持ちを切り替えられた記憶があります。

今回は、なぜ“つまらない”と感じてしまうのか?とその解決法!を泉水の経験を踏まえお伝えしていきたいと思います。

 

つまらない!と思う原因3つ

仕事内容が単調

特に大型の門前薬局に勤務している方はそう感じるのではないでしょうか?薬を正確にいかに早く患者さんに渡す・・それの繰り返し。単調な作業の繰り返しでは“つまらない”と感じてしまうことは当然でしょう。

 

薬剤師って必要!?

学生時代に思い描いていた頼られる薬剤師像・・それはどこに?患者さんからは薬を早く出してくれればいいと言われ指導を聞いてもらえない・・疑義紹介すると医師からは怒られ・・こんなことが続くと、薬剤師の仕事が必要なのか・・そう感じてしまうと思います。

 

給与・待遇が仕事に見合わない!

命に直結する仕事なのに・・なんだか給与・待遇が見合わない!経験年数が増すと責任と仕事量が増えるのに給与は上がらない・・。給与や待遇ももちろん仕事のモチベーションとして大事な部分ですよね。自分の仕事が評価されないと、やる気も出てこないですよね。

 

 

仕事内容がつまらない!薬剤師の必要性が感じられない!そんな方の解決法

①初心を思い出す

私は入社してからすぐにリクルーターという業務に携わることとなり、この初心を思い出すということを否応なしにやることとなりました。なぜこの会社を選んだのか?この会社でやりたいことは何?学生さんの前で自分の仕事を語る“コミットする”感じです。そうだよ、私がやりたいことはコレ!と何度も思い出しました。これはモチベーションが下がりそうな時、とても有効だと思います。

みなさんも今の職場を選んだ理由があるはずです!職場だけでなく、なぜ薬剤師になりたかったのか?実習で出会った〇〇さんみたいになりたい!そんな感じでOKです。薬剤師という仕事に向き合った時、気持ちが上がった出来事を思い出してみましょう。

 

②違うコミュニティーに参加してみる

現在の職場の薬剤師さんだけでなく、他の薬剤師さんに出会うのも良いきっかけになることもあります。例えば勉強会や学会、勉強熱心な薬剤師さんの話を聞くのはとても良い刺激になるでしょう。まずは自分の会社の勉強会で他店舗の人と積極的に話してみる、地域の薬剤師会の勉強会や交流会にいって色々な方と話してみることはいかがでしょうか。ひとりで考えていても、答えは限られます。色々な人との出会いで、新たな気づきや目標がみつかることがあると思います。

私は以前勉強会で“もっと患者さんの背景を考えてみよう”そんな感じの気付きを得たことがあります。当たり前ですが、同じ薬を飲んでいてもそれぞれの患者さんの背景は千差万別。そこをくみ取って、患者さん毎に指導内容を変える。それをするためには色々な角度の質問が必要ですし、自分を信頼してもらう努力も必要です。私という薬剤師だからこそ気づけた問題点を見つけられた!自分しかできない服薬指導がある。そんなことを日々考えて投薬をすると毎日が少し刺激的になりました。ぜひみなさんもお試しください。

 

③先輩・上司に相談

先輩や上司もきっと皆さんと同じように感じた時期があるはずです。その時、どう乗り越えたのか?その経験を聞いてみることは有用だと思います。“仕事がつまらない”なんてそんなの聞けないよ・・そうです、ダイレクトにこの質問は難しいです。なので、先輩や上司には“仕事で楽しいと感じることはなんですか?”や“今までで仕事で嬉しかったことは何ですか?”のような、モチベーションが上がる状況を確認してみると良いと思います。自分では気づいていない職場の魅力を見つけることができると思います。

 

給与・が見合わない!やる気がでない!そんな方の解決方法

①先輩・上司に相談

どの企業にも評価制度があるのではないでしょうか?自分が評価されていないと感じる・・それは自分では気づいていない足りない部分が上司からみたらあるのかもしれません。自分の仕事しか見えていない場合、その可能性は大です。まずは先輩や上司と相談してみましょう。

 

②転職を考える

上司に相談しても納得できない!そんな時は転職を考えることも一つの方法です。今までの経験を活かし給与を上げる!または、待遇を見直す!しかし、ここで注意です。今ある給与・待遇が次の職場ではあるとは限りません。給与を上げたい!ことだけが条件ならばシンプルですが、多くの場合そういう方はいらっしゃいません。休日や通勤距離、その他福利厚生・・自分が転職で叶えたいことは何か優先順位をしっかりつけて転職を考えていきましょう。

 

まとめ

  • ひとりで悩まない!友人先輩、周りの頼れる人に相談してみる
  • 行動を起こす!自分ができることをまずはやってみる

つまらない・・やる気がでない・・とモチベーションが下がることは誰しも起こり得ることです。薬剤師の仕事に関わらず“ずっとやる気満々!”という状態はありません。モチベーションが下がる・・からこそ上がるタイミングがあるのではないでしょうか。しかし毎日がつまらない・・そんな状態はとてももったいないです!自分でできることを見つけていきましょう。その中の選択肢として弊社MCSと一緒に仕事について話してみませんか?LINEからもお気軽にお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です